重点課題

重点課題

実行します。

人間の犠牲になる動物をゼロに!
人間の犠牲になる動物をゼロに!

行政の手で殺処分になっている犬・猫だけではなく、心ない飼い主や悪質な業者によりモノ同然に扱われ、犠牲になっている動物もたくさんいます。
譲渡仲介や地域ネコ活動など動物愛護活動に取り組んでおられる民間の方々の努力だ けでなく、行政が強い意志と覚悟を持って積極的に取り組んでいかなくては、犠牲になる動物はゼロになりません。

まずは船橋から!殺処分ゼロをめざして活動します。

民間の動物愛護活動に対して、さらなる支援が提供できるよう活動します。

他市町村や県とも連携して、人と動物が幸福に共生できる社会を目指してまいります。

小さな命や弱者を大切にする心を育む学校教育の充実を働きかけます。

飼い主のモラル向上のための活動に取り組んでまいります。

次世代を育てる教育先進市に
次世代を育てる教育先進市に

子どもたちが学び、才能を伸ばしていくための機会は、家庭の環境や経済状態などに影響されることなく、等しく提供されるべきです。また、国際人として通用する人材の育成を視野に、教育改革を訴えていきます。

もっと学びたいと願う子どもたちが等しく学習する機会を得られるように、地域住民やボランティア(大学・大学院生など)の支援による、公共施設を利用した特別補習事業の実現に取り組んでまいります。

真の国際人=語学力のみにあらず、異文化・慣習・宗教への理解と敬意を持つと同時に、自国の文化に誇りと愛情を持ち、その良さを的確に伝えることができる人材の育成を訴えていきます。

必要な人にきちんと届く介護・支援を
必要な人にきちんと届く介護・支援を

介護保険制度の見直しにより2015年4月から、特別養護老人ホームへの新規入居者規定が変わり、要支援者へのサービスも地方自治体の手に委ねられることになりました。これを利用者切り捨てに終わらせないために、市政の腕の見せ所です。

特養ホームへの入所要件をはじめ、市独自の判断や介護予防策が適切かつスピーディに施されるよう取り組んでまいります。

要介護者や障がい者に、本当に必要な支援が行きわたるようにすると同時に、過剰サービス等の無駄や事業者による不正受給がなくなるよう取り組みます。

現場を支えているホームヘルパーや介護職員などの待遇改善を訴えていきます。

シニアがいきいきと活躍できる街に
シニアがいきいきと活躍できる街に

リタイアされた方の中には、優れた見識を持つ人材がたくさんおられます。一方、企業その他の施設・組織などでは、そんな方々が思いつかないような活躍の場があるものです。

船橋市 では既に、生きがい福祉事業団のように福祉事業の一環として高齢者等の方に働く機会を提供していますが、福祉ではなくシニア層市民の知識や経験の積極的な活用策として、 地元企業・商店の業務支援や前述の補習事業などへの橋渡しを、必要であれば民間のマンパワー会社のノウハウも取り入れて行っていけるような仕組みを構築していきます。

文化と芸術をもっと身近に
文化と芸術をもっと身近に

アートや音楽は子どもたちからお年寄りまで、人の心に潤いをもたらします。街の芸術家や未来のアーティストを応援し、歩いているだけで自然にアートや音楽に触れることができるような街づくりを目指していきます。

開かれた議会と政治活動を!
開かれた議会と政治活動を!

議会の様子はインターネットやケーブルテレビでオープンになっていますし、報告活動に力を入れている議員の皆様もおられますが、それでも何が話し合われ、決定され、それが市民生活にどのような影響を及ぼすのか、いまひとつわかりにくいのが現状であると思います。
私は印刷物、ブログ、有権者との対話などを通じて、わかりやすい言葉で市政の現状をお伝えしていきます。また、言うまでもないことですが、政治活動費の使途は領収書を添えて公表します。


コメントは受け付けていません。